睡眠時無呼吸症候群 | 病気と治療方法
睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)とは、眠っている間に気道が塞がり、睡眠中に無呼吸状態が繰り返される病気です。 気道が塞がる原因は、気道、喉、顎、鼻廻りの形態的特徴の他、呼吸中枢が関与する場合もあります。
日本人の2~4%、約240万人が罹患していると言われます。
本来は休息すべき間である睡眠中に無呼吸状態が繰り返されるため、心臓や身体全体に大きな負担がかかります。
最近の研究では、高血圧や糖尿病、脳卒中、心臓病など多くの生活習慣との関連も明らかになっています。

また、日中の眠気が交通事故や労働災害の原因になりかねない危険性もあり、SASは早期検査・治療が重要な病気と言えます。
SASの代表的な症状は以下の通りです。お心当たりの症状がある場合にはお早めの受診をお勧めします。

  • いびきをかく(ご自身で自覚がなくても、指摘されたことがある)
  • 日中に眠気を感じる
  • 朝起きた時に頭痛がある
  • いつも熟睡感がない
睡眠検査

睡眠時無呼吸症候群の検査

まず問診で昼間の眠気の程度やいびきの有無、毎日の睡眠の状況など自覚症状について伺います。
検査は、小型の機械をご自宅にお持ち帰り頂いて一晩の睡眠状態を検査します。
睡眠中のいびきや呼吸状態、酸素飽和度(SpO2)を調べることでSASを判別します。
指や鼻にセンサーを取付けますが、痛みを伴う検査ではありません。いつも通りおやすみ頂けます。
より精密な検査が必要な場合には、PSG検査を行います。
入院検査は睡眠時無呼吸症候群の可能性を調べる終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査(PSG検査)と治療機器設定および治療効果測定のCPAPタイトレーション検査(CPAP検査)があり、各検査とも個室での一泊二日の入院検査となります。検査は保険適用となり、自己負担分としておよそ下記の費用が必要となります。

PSG検査費用の目安

受診者自己負担(検査費、入院費、夕・朝食費含)
  1割   7,000円前後
  3割   18,000円前後
詳しくは、医事課までお問合わせ下さい。
なお血液検査、心電図検査、肺機能検査等必要に応じて追加検査を行なう場合があります。

PSG(終夜睡眠ポリソムノグラフィー)検査

ご入院いただき、睡眠中の呼吸やいびきの状態に加え、脳波・筋電図・眼球運動などを測定することでより詳細に、SASの確定診断を行う検査です。
身体にセンサー類を取付けますが、痛みを伴う検査ではありません。

睡眠時無呼吸症候群の治療について

SASと診断された場合は、症状や重症度、原因に応じた治療法を選択します。
普段の睡眠環境や生活習慣を見直してみることも大切です。
就寝前の飲酒を控え、適度な運動を取り入れるなど、できるだけ規則正しい生活を心がけるようにしましょう。 睡眠薬を服用している方は、あらかじめ主治医にご相談ください。

CPAP療法について

SASの治療にはいくつか種類がありますが、最も一般的なのが睡眠時にCPAP(シーパップ)という機械を使用する経鼻的持続陽圧呼吸療法です。
CPAPは、陽圧を送り込むことで気道の閉塞を防ぐ装置です。
CPAP治療には健康保険が適用になります。治療中の疑問やお困りごとは毎月の外来で主治医にご遠慮なくご相談ください。